レンタカーで軽トラを借りて引越し、ホントに安い!?

 

 

引越しって、予想以上にお金がかかりますよね?
新しい物件の敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・・・それに加えて引越し費用。
ひとり暮らしの引越しでも、ざっと見積もって五十万円はかかるものです。

 

引越しを考えている男性

 

そんな中、「引越し費用を安く済ませたい!」「格安で引越したい」というのは、誰もが願うところ。
「業者を頼まず、レンタカーで軽トラやハイエースを借りて、自力で引越しできないか?」
と考えている人も多いのではないでしょうか?

 

自分で引越しする男性

 

でもちょっと待ってください!
本当にレンタカーで軽トラを借りて、自力で引越しするのが格安なのでしょうか!?

 

まずは実際にかかる費用を考えてみましょう。

 

  • レンタカーのレンタル費用
  • ガソリン代(満タン返しが基本です)
  • ダンボールや梱包材、ガムテープなど資材の準備
  • 友人などの手伝いをお願いする場合、謝礼や食事代など
  • 軽トラを停めておく駐車場代、場所によっては高速代など

 

どうでしょう?
いくらぐらいかかりそうですか?
最近はガソリン代も高騰中…。

 

ガソリンスタンド

 

引越しの移動距離にもよりますが、トータルするとやはり数万円はかかりそうですよね?
そうなると、引越し業者に頼む場合と実は大差ないのではないでしょうか?

引越しの無料一括見積もりサービスでおトクに!

ところで、
「引越し業者に依頼すると、高い費用がかかる」
勝手にそう思い込んでいませんか?
いま、引越し費用は思っている以上に「安い」んです!

 

引越し業者の女性

 

「引越しの無料一括見積もりサービス」をご存知でしょうか?

 

ネットに基本情報を入力するだけで、クロネコヤマトさんのほか、サカイ引越センターなどの大手をはじめ、地元に密着した激安業者まで複数社に一度に見積もりをとることができる嬉しいサービス。
利用者の98%がまた利用したいと答えるほど、利用者にはとってもおトクなサービスなんです。

 

一度に複数社に見積もりを依頼すると、業者同士の価格競争になります。
ですので、一社一社に見積もりを依頼するより、はるかに格安な見積もりを手に入れることができるんです。
さらには「A社さんは***円でした」と話すことで、さらなる値下げ交渉ができる場合も!

 

実際に、同じ見積もりをとっても、いちばん高い業者と低い業者の間では、料金が半額になるとも言われています。

 

見積もりを依頼するだけなら完全無料ですので、引越し業者の見積もりを見てから決めても決して遅くはありません。
ひとり暮らしの引越しでもファミリーの引越しでも、レンタカーで軽トラを借りて自力で引越しするよりも、安く、安全に、楽に引越せるかもしれませんよね。ともかく、一度、業者の見積もりをとってから、自分で軽トラをレンタルしてやるかどうか決めても、遅くはありません!

 

ポイント指をさす女性

 

まずは「引越しの一括見積もりサービス」をチェック!

自力で引越しする際の注意点

単身の引越し、荷物が少ない場合など、実際レンタカーで軽トラを借りて、自力で引越せる場合もあると思います。
その際の注意点をまとめてみました。

 

  1. ベッドや大型家電などの重い荷物を運べるか?
  2. 部屋やマンションなどの共有部分(廊下やエレベーターなど)を傷つけずに運べるか?
  3. 旧居・新居の前にレンタカーを駐車しておけるスペースまたは駐車場があるか?
  4. 当日雨が降ったら作業できるか?
  5. 荷物を部屋に運びこむ際、セキュリティー対策(見張り番)は?

・・・などなど、慣れない引越しを自分でやろうとすると、意外と難しいですよね?
特にベッドが軽トラの荷台に載るか、なんて心配もあります。
本体は解体できても、マットレスは大きいですよね。

 

Aに関しては、「養生(ようじょう)」と呼ばれる壁や床などの防護も忘れずにしてください。
プロの引越し業者さんは必ず行っています。

 

養生

 

引越しの際に、旧居・新居の部屋、共有スペースなどに傷をつけてしまったら、修繕費を請求される可能性があります。
せっかく費用を浮かせようとして自力で引越しをしたのに、それでは本末転倒ですよね。

 

引越し作業に入る前に、準備運動や、軍手を着用することもお忘れなく!
翌日からの仕事に支障の出ないよう、ケガには十分気をつけてくださいね。

 

なお、もし、長距離の引越しで軽トラのレンタカーを借りるなら、乗り捨てが可能な業者を選びましょう。これは、借りる場所と車を返却する場所が異なってもいいというプランです。乗り捨ては遠距離なら必須です!

 

ページのトップへ戻る

引越しお役立ちリンク集

できるだけ安く引っ越したい、というのはだれでも共通の願い。特に単身の場合は、できるだけ費用を掛けたくないですね。そこで、便利なサイトを2つ紹介します。

 

引っ越しが安いのは平日。もうひとつ重要なポイントは… 引っ越し 平日
引越し(単身)。東京なら混載便や少量荷物プランなど選択肢いろいろ 引越し 単身 東京

 


このページの先頭へ戻る